ネイリスト

ネイリスト記事一覧

「好き」を仕事にする

ネイリストに憧れる人は、「ネイルアートが好き」だといういうことが前提になっているはず。「好き」が講じて仕事になるということがありますが、ネイルの場合はそれが意外と短期間で、確実に可能にしてしまえると言えるでしょう。なぜなら、ネイリストになるためには、国家試験などに合格する必要もありませんし、必ず何か...

≫続きを読む

 

ネイリストになるための方法−スクールに通う−

ネイリストになるためには、ネイルの技術を習得しなければいけません。特別決まった過程を経て、資格を取らなければいけないなどの制約はありませんので、勉強の仕方は自由です。一般的な話をしますと、大きくは2つの方法にわけることができます。1つは、ネイリストになるための専門スクールへ通う方法と、もう1つは書籍...

≫続きを読む

 

ネイリストになるための方法−独学

ネイリストになるためには必ず専門スクールへ通わなければいけないということではありません。特に必要な過程や資格がないため、どのような勉強法で技術を習得しても問題はないのです。ということで、ネイリストになるための勉強を独学で行うという方も多くいます。独学で行うといっても方法は様々。一番ポピュラーなのは、...

≫続きを読む

 

お悩みNO1は「短い爪」

ネイル雑誌に紹介されていたり、ネイルサロンで展示されているアートサンプルを見て、「素敵だな」と思いながらも、「自分の指には似合わないだろう」と最初から諦めてしまっている方がかなり多いことが判明しました。その理由は爪の形や爪の長さ。みなさんがサンプルのようなキレイな爪をしているとは限りませんよね。爪の...

≫続きを読む

 

ネイルを落とすときのポイント

ネイルを落とすとき、たいていの方はコットンにリムーバーをしみこませて爪のカラーを落とすと思います。このとき、コットンにリムーバーをたくさんつけずに行うと、爪をごしごしこすりながら落とすということになり、爪に負担をかけてしまうので、ポイントは、コットンにたっぷりリムーバーをしみこませるということ。そし...

≫続きを読む

 

爪のケアについて

ネイルを覚える前までは、爪を爪切りできるという習慣のある方がほとんどだと思います。爪を爪切りできると、爪の断面が鋭角になって美しくないということのほかに、爪に大きな負担を与えながら切るので、爪にひびが入りやすくなり、そこから折れやすくなってしまいます。簡単に切ることができるので、ついつい爪切りを利用...

≫続きを読む

 

誰にでもよくあうラウンド

爪の形がもともと丸く平坦で、きれいにスクエアオフやオーバルにできない・・・という人でも、ラウンドなら大丈夫。どんな爪の形にもマッチするデザインです。爪のサイドはまっすぐですが、先端を丸くカーブさせてあります。爪が弱くてなかなか伸ばすことができないという方で、いつも短めの爪になってしまうという方でも、...

≫続きを読む

 

簡単お手入れで変わる!!

毎日のネイルケアなんて、面倒くさくてやっていられないという方も多いと思います。現代女性は何しろ忙しいですから。でも、よし!ネイルケアやるぞーって思わなくても、毎日のお肌のお手入れと同じように、ネイルケアを行えば、そう難しくも面倒くさくもないことなんですよ。もし毎日なんて面倒!!という方は、2日に一回...

≫続きを読む

 

甘皮とルーススキン

爪のケアをしていないと、ルーススキンがどんどんたまって見た目に美しくない爪になります。ルールスキンというのは、爪が成長していく過程で、表面にうっすらつく皮のことを言います。この薄い皮をそのままのばしていくと、爪の上に皮がかぶったようになって、それがどんどんたまっていきます。甘皮とルーススキンが一緒だ...

≫続きを読む

 

ママたちのネイル

若い時に、かなり爪を伸ばしていたという方も、結婚しお子さんができるとそうもいきません。長い爪はお子さんのお世話をする時に、怪我をさせてしまう恐れがあるからです。また、結婚すれば多くの女性が食事を作り家事をこなすことになります。そうなると、なかなか爪のお手入れってできなくなるのですよね。でも、時間があ...

≫続きを読む

 

セルフネイルの単色の基本

綺麗なネイルアートをしてもらいたいという女性のほとんどはネイルサロンに伺う事となりますが、中にはセルフでネイルすることで綺麗にカラーリング、コーディネートをされている事もあります。しかしセルフでデコレーションするのは難しいことなので、セルフでネイルをされる場合には単色ネイルで行なわれる事が多いです。...

≫続きを読む