「好き」を仕事にする

「好き」を仕事にする

ネイリストに憧れる人は、「ネイルアートが好き」だといういうことが前提になっているはず。「好き」が講じて仕事になるということがありますが、ネイルの場合はそれが意外と短期間で、確実に可能にしてしまえると言えるでしょう。

 

 

 

なぜなら、ネイリストになるためには、国家試験などに合格する必要もありませんし、必ず何かの資格や認定が必要であるわけではありません。

 

 

 

大雑把に言うと、誰でも「ネイリスト」になることができるのです。ただ、それが一定した収入に繋がるのか、顧客がついてくれるのかということではありません。

 

 

 

そうなるためには、他人に認められるレベルの技術と、接客の丁寧さが必要となります。「ネイルが好き」で終わるのか、「ネイルを仕事」にするのかはあなた次第。

 

 

 

「好き」を仕事にできている人というのはそんなに多くありません。しかし、みな憧れているのです。「好きなことを仕事にしたい」と。一度しかない人生、毎日イキイキと過ごしたいですよね。