スカルプチュアとネイルチップの違い

スカルプチュアとネイルチップの違い

スカルプチュアとネイルチップの違いって何か知っていますか?ネイルチップもスカルプチュアも両方とも人工の付け爪です。ただこの人工の付け爪を付ける方法や人工爪の作り方が全然違うのです。まず、ネイルチップと言うのは自分で形やサイズ、長さを変えることができません。元々サイズなどが決まっていて、ネイルチップ専用のグルーやシールでつけていくのです。ドラッグストアなどで売られているネイルチップはクリアなものもありますし、もともとカラーリングされているネイルチップもあります。

 

 

 

自分でネイルを楽しみたい場合には、クリアなネイルチップを使いましょう。また既にカラーリングされているネイルチップを使えば、誰でも簡単に直ぐにネイルを楽しむことが出来ます。一方、スカルプチュアはネイルチップのように自分でする人は多くありません。スカルプチュアはほとんどネイルサロンで施してもらいます。

 

 

 

スカルプチュアは自分の爪に合わせてアクリルで長さを作るため、自分の爪とサイズがピッタリします。ネイルチップの場合サイズが既に決まっているので、グルーで接着してもネイルが浮いてしまうことがあります。しかしスカルプチュアはネイルチップと違いネイルが浮く心配がありません。しかし、施術に2時間くらいかかってしまうというデメリットがあります。

 

 

 

ネイルチップは両面テープやグルーでネイルチップを付けるだけですので、10分もかからずに出来てしまいます。その分ネイルチップは剥がれ易く、強度もないのが難点です。自分のライフスタイルに合わせてネイルチップかスカルプチュアかを選ぶようにしましょう。