おしゃれにネイル楽しもう!

セルフネイルの単色の基本

綺麗なネイルアートをしてもらいたいという女性のほとんどはネイルサロンに伺う事となりますが、中にはセルフでネイルすることで綺麗にカラーリング、コーディネートをされている事もあります。

 

しかしセルフでデコレーションするのは難しいことなので、セルフでネイルをされる場合には単色ネイルで行なわれる事が多いです。しかし単色は一見簡単そうに見えても、ムラが出来る、はみ出る、剥がれるといった様な事が起こってくる場合があるといった想像以上に単色ネイルは置くが深いものになっています。

 

上手にするためにはいくつかのポイントがありますが、下準備や基本を抑えておく事はとても重要なものとして挙げられます。
ネイルを綺麗に塗る為にはまず下準備が必要で、コットンなどにエタノールを染み込ませる事で手や爪を清潔な状態にしておきます。

 

このとき、爪の表面のみ消毒される事がありますが、裏側もしっかり行なっておきましょう。そして、甘皮のケアをして挙げる事が必要ですが、お風呂上がりなどの柔らかくなった状態の時にやさしくしましょう。

 

頻度は大体2週間に1回程度がちょうど良いでしょう。そして爪の長さや形を整えますが、例え爪を短くする事をしない場合でも軽く削っておくことでポリが塗りやすくなります。

 

ネイルを塗る時は苦手と感じている手の方から始め、肘をしっかりテーブルなどにつけることで固定して、少しもずれないような環境と、道具を手元に揃えてから行なう様にしましょう。細かい準備を整えておく事が綺麗にするより、失敗しないコツとして言えます。