難しいラインのフレンチネイル

難しいラインのフレンチネイル

セルフネイルを行なう際にどのようなデザインにするのかという事はとても迷ってしまう事になりますが、季節に関係なく定番で人気があるのはやはり「フレンチネイル」が挙げられます。

 

シンプルなデザインでもありますが、思っている以上にセルフでやる時には利き腕とは逆の手をする際に難しかったり、ネイルの綺麗なアーチを描くのが難しいといった事もあったりしますので、シンプルでありながら意外と難しいのもセルフネイルによるフレンチネイルと言えます。

 

経験している方にとっては当たり前の事ではあるかもしれませんが、これからフレンチネイルに挑戦するという方には簡単の方法があります。どうしても綺麗なアーチを一気に描こうとするとガタガタになってしまう事で境目が汚くなる場合があります。

 

なので、半分の山から塗り、もう半分をその後に塗り、最後に間の部分を塗る様にと、1枚の爪に対して3回の施行をこなすのが綺麗に塗るコツです。また、どうしても上手に出来ないという方にはフレンチネイル専用のテープを先に張っておく事で、より一層綺麗に塗る事が出来ます。

 

どうしてもフレンチネイルは失敗してしまう事があって、境目が汚く見える事がありますが、その時の対処方法としては色々あります。

 

レースシールを貼る事で境目を隠すのもよし、ホログラムやラインストーンといったものを乗せてしまうのも隠した上でオシャレにデコレーション出来ます。

 

上手にぬれるのが一番ですが、失敗した時もひとまず隠してオシャレに出来るかチャレンジしてみましょう。